樹脂粘土とレジンで【いちごのキューブ型ネックレス】を作ろう!

樹脂粘土とレジンのいちごのキューブ型ネックレスアクセサリー
樹脂粘土とレジンのいちごのキューブ型ネックレス

自分だけのオリジナルのアクセサリーを作ってみたいな。

ハンドメイドのネックレスってどうやって作るんだろう?

今回はそんな思いをお持ちの方向けに、樹脂粘土とレジンで作る【いちごのキューブ型ネックレス】の作り方を紹介していきます。

レジンのキューブの中にいちごを収めてみました!

ハンドメイドのネックレスで、皆さまのお出かけがちょっぴりワクワクになったらいいなと思います(*^^*)

それでは早速参りましょう!

この記事を書いた人
こねしば

ミニチュアフードと柴犬が好きな25歳です。

主に私が粘土で作ったミニチュア作品の作り方について、ゆるりと紹介しています☺

みなさまの粘土ライフにとって、何か少しでもお役に立てたらうれしいと思っています。

こねしばをフォローする

樹脂粘土とレジンで作るいちごのキューブ型ネックレスの【材料】

いちごのキューブの材料

《いちごのキューブの材料》

  • 樹脂粘土(グレイスライトを使用)
グレイスライト
  • レジン(ダイソーのものを使用)
  • ゴム手袋やビニール手袋・・・レジンが肌につかないようにするために使います。
  • 粘土板や下敷きなどの作業板
  • 絵の具のパレット(私は、レンジでチンするご飯の空箱をパレット代わりにしています)
  • シリコンレジン型(キューブ)(下の画像のもの)
シリコンレジン型
シリコンレジン型
  • つまようじ
  • ニス
ニス
  • 細筆
細筆
  • カッター
  • アクリル絵の具・・・白、黄色、オレンジ、赤
アクリル絵の具

ネックレス作りに必要な道具とパーツ

《必要な道具とパーツ》

  • UV-LEDライト(UV-LEDレジンを固めるのに使用しますが、レジンは太陽光でも固まるので必須ではありません)
UV-LEDライト

以下は下の画像の向かって右から説明します。

  • ピンセット
  • ニッパー(アクセサリーのパーツを切る道具)
  • 平ヤットコ
  • 丸錐まるぎり(なくても大丈夫ですがあると便利です)(チェーンの穴が小さいときに、チェーンの穴の大きさを広げるために使います)
ピンセット、ニッパー、平ヤットコ、丸錐
  • チェーン2本・・・チェーンの穴が小さい物と大きい物1本ずつ(下の画像)
ネックレスチェーン

以下は下の画像の向かって右から説明します。

ネックレスのパーツ
  • 9ピン 1個(サイズ:0.6×14mm)
  • 丸カン 1個(サイズ:0.6×3mm)
  • Cカン 2個(サイズ:0.55×3.5×2.5mm)
  • カニカン 1個
  • Tピン 1個(サイズ:0.6×15mm)
  • 穴あきビーズ 1個

サイズは参考までに書きましたが、お好みの物で大丈夫です。

アクセサリーパーツは、私はPARTS CLUB」さんというお店で購入しています。

その他、

  • セロハンテープ
  • つまようじ
  • 薄手のビニール手袋(レジンが手に付かないように)
  • 30cm定規

樹脂粘土とレジンで作るいちごのキューブ型ネックレスの【制作期間】

いちごのキューブ型ネックレスの制作期間の目安は、3日間です。

樹脂粘土での【ハーフカットいちごの作り方】

こねしば
こねしば

初めに、樹脂粘土でいちごを作るよ!作り方は、以下の記事を参考にしてね!

ハーフカットいちごのサイズは、作りたいキューブの大きさに合わせましょう。

【レジンのキューブ】の作り方

こねしば
こねしば

次に、作ったいちごをレジンのキューブに閉じ込めるよ!

.樹脂粘土で作ったハーフカットいちごを、下の画像のようにシリコンレジン型に詰める

いちごのサイズが大きすぎる場合は、いちごのヘタに近い方やハーフカットいちごの断面をカッターで切って大きさを調整してください。

シリコンレジン型に入っている樹脂粘土のいちご

.レジンを、シリコンレジン型の高さの半分くらいまで流し込む

こねしば
こねしば

レジンが固まりやすくなるよう、少しずつ流し込もう!気泡が入ってしまった場合は、つまようじでつぶしてね!

注意

レジンが手に直接つかないよう、必ずゴム手袋やビニール手袋をして作業してください

ゴム手袋やビニール手袋をしていても、手袋の種類によっては密閉性のないものもあるため、確実に手にレジンがつかないとは限りません。

万一レジンが手についてしまった場合は、速やかに石けんで手を洗ってください。アレルギーの原因になってしまう恐れがあります。


.UV-LEDライト(ライトがなければ太陽光)でレジンを固める

〈固まるまでの目安時間〉

  • UV-LEDライト・・・約2~4分
  • 太陽光 ・・・約1日
UV-LEDライトでレジンを固めているところ

.レジンをシリコンレジン型の高さ並々に流し込む

.9ピンをニッパーで短く切る

ニッパーで切る前の9ピン(左)と切った後の9ピンです(右)


.「5」で切った9ピンを、ピンセットで持ちながらキューブの中に入れ、9ピンが動かないようにピンセットで固定しながらUV-LEDライト(ライトがなければ太陽光)でレジンを固める

手にレジンがつかないようご注意ください。

固まったレジン

レジンが固まり、9ピンが固定されました!


.シリコンレジン型からレジンのキューブを取り出す

シリコンレジン型は柔らかいので、キューブは手で取り出せます。

レジンのハーフカットいちごキューブ

.より透明度を高めるため、キューブをピンセットでつまみながら、側面にレジンをつまようじで薄く塗り、UV-LEDライト(または太陽光)でレジンを固める

この作業は1面ずつ、計4回(4側面)行いました。

キューブによりツヤがでて、透明度が高くなります。

手にレジンがつかないようご注意ください。

【ネックレスのパーツ】の付け方

こねしば
こねしば

最後に、ネックレスのパーツをつけていくよ!

.穴が小さい方のチェーンを、42cmの長さを図りニッパーで切る

チェーンを定規の0cmと21cmのメモリのところでセロハンテープで固定すると長さが図りやすくなります。

定規でチェーンの長さを図っているところ

0cmのメモリのところでチェーンをセロハンテープで固定しています。

定規でチェーンの長さを図っているところ

21cmのメモリのところでチェーンをセロハンテープで固定しています。

ニッパーでチェーンを切る

チェーンを折り返して、全体の長さが42cmになるようにニッパーで切ります。


2.「1」で切ったチェーンのちょうど半分の長さである、21cmのところの穴に丸カンを通し、その丸カンにハーフカットいちごキューブの9ピンを通し、丸カンを閉じる

チェーンをセロハンテープで固定すると長さを図りやすくなります。

チェーンをセロハンテープで固定しているところ

※チェーンの穴が小さくて丸カンが通りにくい場合は、下の画像のようにチェーンの穴を丸錐でぐりぐりして広げてください。

チェーンの穴を丸錐で広げているところ
丸カンに9ピンを通しているところ
丸カンに9ピンを通しているところ
9ピンを通し丸カンを閉じた
9ピンを通して丸カンを閉じました

以下の記事では、初心者さん向けに【丸カンの使い方】について紹介していますので、参考までにご覧ください!


.下の画像のようにチェーンの片側にCカンとカニカンを取り付ける

平ヤットコとピンセットを使用してつなげました。

Cカンとカニカン

拡大

Cカンとカニカン
Cカンとカニカンを取り付けました

※チェーンの穴が小さくてCカンが通りにくい場合は、下の画像のようにチェーンの穴を丸錐でぐりぐりして広げてからCカンを通してください。

チェーンの穴を丸錐で広げているところ

.穴が大きい方のチェーンを4.5cmの長さでニッパーで切る

4.5cmに切ったチェーン

.「3」でCカンとカニカンを取り付けた反対側のチェーンの端にCカンを取り付け、取り付けたCカンに「4」の4.5cmの長さに切ったチェーンの端を通し、Cカンを閉じる

Cカンとチェーン
青丸部分です

拡大

Cカンとチェーン

.Tピンにビーズを通す

Tピンにビーズを通した

.Tピンを平ヤットコまたはピンセットで曲げる

Tピンをピンセットで曲げている
Tピンをピンセットで曲げているところ

ピンの【使い方(曲げ方)や曲げ方のコツ】については以下の記事を参考にしてください!


.「7」で曲げたTピンを、4.5cmに切った太い方のチェーンの端に付ける

Tピンを取り付けた
青丸部分です

拡大

Tピンを取り付けた

曲げたTピンをネックレスに取り付けることができました!

樹脂粘土とレジンで作るいちごのキューブ型ネックレスの完成!

樹脂粘土とレジンのハーフカットいちごキューブ
樹脂粘土とレジンのハーフカットいちごキューブ型ネックレス

最後にひと言

今回は、樹脂粘土とレジンで【いちごのキューブ型ネックレス】の作り方を紹介してきました!

丸カンやCカンを付ける作業が細かくて、神経を使いますが、手間をかけた分、より愛着が湧きます(*^^*)

世界に1つだけのネックレスで、皆さまのお出かけがいつもよりちょっとワクワクしたらいいなと思います!

何か参考になりましたら幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました